CATEGORY竹生嶋(滋賀県/吉田酒造)

竹生嶋

港町、竹生嶋

竹生島

古くより北陸と京都を結ぶ交通の要所として栄え、特に、江戸時代から昭和初期まで、山越えで運び込まれる米や海産物などの北陸の物資を、琵琶湖を利用して京阪神に運ぶ湖上交通の中継地として栄え、最盛期には100隻近い丸子船(輸送船)を擁する大きな港町でした。明治10年の創業以来、海津の経済活動を支えた商人や船頭、人足、漁師などさまざまな人に愛され、現在もなおこの地における清酒シェアの多くを占めるのが「竹生嶋」です。

「飾り気がなく、ボディのしっかりした味わいで、なおかつ後切れのよい酒」。港町に集まった人々の気風にも似たこの味わいが、明治初年の創業以来守り続けている酒質設計の基本です。

酒造りは米作り

竹生嶋

「造り酒屋の米知らず」という言葉があります。これまで量を販売してきた時代には、蔵元の原料米への最大の関心事は価格で、そのお米がどんな農家に、どのように栽培されたかには関心はありませんでした。しかし、酒質を追求する時代となった今日、蔵元は原料米の品質に無関心ではいられなくなりました。

吉田酒造でも、積極的に原料米栽培の現場に足を踏み入れています。栽培農家・吉原絋二さんと平井貞夫さんの協力を得て収穫する地元産の山田錦栽培は軌道に乗り、これで醸される「花嵐」と「かじや村」は愛飲者に絶大に支持されています。

表示順 : 
表示件数:1~2 / 2


最新の入荷情報はメール配信、SNSでお知らせしております。


     



■お支払い方法
・クレジットカード決済
・代金引換 (手数料330円(税込))
・代金後払い(手数料330円(税込))
・店頭払い・店頭受け取り

■送料 全国一律1,200円(税込)  北海道と沖縄は2,000円(税込)
※ご注文手続き完了時に計上される配送料はシステム都合で1個口分のみとなります。
出荷が2個口以上になる場合、配送料を変更して出荷前にお知らせいたします。

※1,800mlの商品と720mlの商品を混載して1個口で出荷できます。
最大何本を1個口で出荷できるかは組み合わせによって異なります。

※日本酒をご注文の場合は、火入れの日本酒も含め、基本的にクール便(全国一律330円(税込))にてお手配させていただきます。

※クール便代は、個口単位で料金が発生します。

■商品の在庫確保について
店頭と同時販売しております。在庫管理には十分に気を付けておりますが、ご注文商品に完売が発生いたしました場合は、別途メールにてご連絡を差し上げます。

  • TEL:075-781-3049
  • 営業時間:9:00~夜19:30
  • 定休日:日曜・第二or第三水曜
  • 住所:京都市左京区北白川久保田町3
  • Copytight(C) にしむら酒店
  • 2023年02月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28
    2023年03月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    • オンライン定休日