CATEGORY玉川(京都府・京丹後/木下酒造)


海産物に良く合う辛口の食中酒

玉川

木下酒造は天保13年(1842年)、京丹後・久美浜の地で創業。 玉川という名前の由来は蔵のすぐ隣に川上谷川という川があり、玉砂利を敷き詰めた感の、清流であったそうです。 当時、川や湖を神聖視する習慣もあり、玉(とてもきれいな)のような川というところから、玉川と命名されました。

久美浜は海が近く漁業が盛んな土地柄のため【海産物に良く合う辛口の食中酒】として玉川のお酒は古くから地元で愛されています。 地元を中心にした小さい酒蔵でしたが、2007年イギリス人の、フィリップ・ハーパー氏が杜氏に加わったことで、他にはない個性あるお酒を生み出す名醸蔵として一躍全国に知られるようになりました。

日本酒の概念を覆す新しい酒

フィリップ・ハーパー

杜氏フィリップ・ハーパーは、奈良県の酒造メーカーで蔵人として10年働き、2001年、南部杜氏資格選考試験に合格。その後大阪の酒造メーカーを経て2007年、木下酒造へ。木下酒造の30年を超える酒造りの経験を元に、家付き酵母を使った自然仕込の山廃や、江戸時代の製法を再現したお酒「タイムマシン」など、挑戦的な酒造りで、新たなファン層を作りだしています。

2009年にはアメリカやイギリス等にも輸出を開始するなど、海外にも進出。同年2009年にはロックで飲んでも美味しいお酒として「アイスブレーカー」の製造を開始。これまでの日本酒の概念を覆す新しい商品を開発しています。 「心を込めて旨い酒を造る」という想いを大切にし、全量の精米、玄米から清酒になるまでの一貫した管理を自社で行います。

玉川の酒の特徴

玉川の特徴

1、変化が面白い玉川
玉川の酒は少し温度を変えて飲むと驚くほど違う表情を見せ、ロック、冷酒、常温から極端な熱燗や燗冷ざましまで、さまざまな温度帯で楽しんでいただけます。

2、長持ちする玉川
熟成を楽しめる酒、傷みにくい酒なので、急いで飲む必要はありません。

3、食中酒の玉川・旨みの玉川
玉川の味の軸は「旨み」ですので、単体としても楽しめます。また、幅広いお料理とのマリアージュを引き出し、料理が玉川の魅力を引き出します。

4、育つ玉川
酒の出発点である無濾過生原酒に「加水」や「火入れ」などの処理を行い、バラエティ豊かな味の方向性を持たせた上で、熟成をかけたものを通年販売しています。

表示順 : 
表示件数:1~17 / 17


最新の入荷情報はメール配信、SNSでお知らせしております。


     



■お支払い方法
・クレジットカード決済
・代金引換 (手数料330円(税込))
・代金後払い(手数料330円(税込))
・店頭払い・店頭受け取り

■送料 全国一律1,200円(税込)  北海道と沖縄は2,000円(税込)
※ご注文手続き完了時に計上される配送料はシステム都合で1個口分のみとなります。
出荷が2個口以上になる場合、配送料を変更して出荷前にお知らせいたします。

※1,800mlの商品と720mlの商品を混載して1個口で出荷できます。
最大何本を1個口で出荷できるかは組み合わせによって異なります。

※日本酒をご注文の場合は、火入れの日本酒も含め、基本的にクール便(全国一律330円(税込))にてお手配させていただきます。

※クール便代は、個口単位で料金が発生します。

■商品の在庫確保について
店頭と同時販売しております。在庫管理には十分に気を付けておりますが、ご注文商品に完売が発生いたしました場合は、別途メールにてご連絡を差し上げます。

  • TEL:075-781-3049
  • 営業時間:9:00~夜19:30
  • 定休日:日曜・第二or第三水曜
  • 住所:京都市左京区北白川久保田町3
  • Copytight(C) にしむら酒店
  • 2022年12月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    2023年01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    • 定休日