CATEGORY寒北斗(福岡県/寒北斗酒造)

寒北斗

福岡を代表する銘酒をつくりたい

寒北斗酒造

享保14(1729)年、初代・矢野 甚五平氏によって、玉の井酒造(後の寒北斗酒造)は誕生しました。日本酒造りにとって命ともいえる水は、英彦山系の雄峰・馬見山の湧き水を集める、清らかな嘉麻川の伏流水。その清澄な水を屋敷内の2つの井戸から汲み上げることができたため、感謝の想いを込めて「玉の井」と命名しました。それから約300年にわたり、日本酒造りに適した福岡の地で酒造りを続けています。

日本中が美食ブームに沸く昭和59(1984)年、「福岡を代表する銘酒が欲しい」と熱望する酒販店から相談を受け、新しい酒造りへの挑戦を決意。試行錯誤を経て辿り着いたのは、地元で古くから愛されてきた“福岡らしい味”を大切にしたお酒でした。酒米も可能な限り地元で栽培されたものを使い、飲み飽きることのない、気品ある味わいを追求した結果、「寒北斗」が産声を上げたのです。北斗星を信仰する地元の北斗宮の“北斗”をつけたその名には、「地元を愛し、原点を大切にする」という想いが込められています。

全国のコンクールで数々の賞を受賞

寒北斗酒造

昭和60(1985)年に「寒北斗 本醸造 生酒」を発売して以来、吟醸・純米吟醸・大吟醸と種類を増やし、全国のコンクールで数々の賞を受賞。平成20(2008)年には、「寒北斗 吟醸酒」を全国酒類コンクールで日本一に選出されました。常に最高のものづくりを目指し続けてきた中、「寒北斗」は玉の井酒造の看板商品へと成長を遂げ、ついに平成23(2011)年には社名を寒北斗酒造へ改称しました。

全国のコンクールで数々の賞を受賞

寒北斗酒造

平成27(2015)年、寒北斗は生誕30周年となりました。さらにこれからの30年に向けて、若手蔵人の育成、新たな季節酒「shi-bi-en」の開発、国登録有形文化財への登録など、様々な活動に力を入れて取り組んでいます。

これからの30年も、地元・福岡で愛される「福岡の銘酒」であり続けるため、30年後の未来を紡ぎだすプロジェクト「寒北斗30VISION」を始めました。 合言葉は、30年後も福岡で一番美味い酒。世界に誇れる「福岡の銘酒」を造るため、常にチャレンジを続けています。

表示順 : 
表示件数:1~7 / 7


最新の入荷情報はメール配信、SNSでお知らせしております。


     



■お支払い方法
・クレジットカード決済
・代金引換 (手数料330円(税込))
・代金後払い(手数料330円(税込))
・店頭払い・店頭受け取り

■送料 全国一律1,200円(税込)  北海道と沖縄は2,000円(税込)
※ご注文手続き完了時に計上される配送料はシステム都合で1個口分のみとなります。
出荷が2個口以上になる場合、配送料を変更して出荷前にお知らせいたします。

※1,800mlの商品と720mlの商品を混載して1個口で出荷できます。
最大何本を1個口で出荷できるかは組み合わせによって異なります。

※日本酒をご注文の場合は、火入れの日本酒も含め、基本的にクール便(全国一律330円(税込))にてお手配させていただきます。

※クール便代は、個口単位で料金が発生します。

■商品の在庫確保について
店頭と同時販売しております。在庫管理には十分に気を付けておりますが、ご注文商品に完売が発生いたしました場合は、別途メールにてご連絡を差し上げます。

  • TEL:075-781-3049
  • 営業時間:9:00~夜19:30
  • 定休日:日曜・第二or第三水曜
  • 住所:京都市左京区北白川久保田町3
  • Copytight(C) にしむら酒店
  • 2022年12月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    2023年01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    • 定休日