CATEGORY白木久(京都府・京丹後/白杉酒造)


大変珍しい、オール食用米の日本酒蔵

白杉酒造

白杉酒造は安永6年(1777年)、京丹後の地で創業。先代蔵元は白杉酒造の11代目、現在の蔵元・白杉 悟氏の叔父にあたります。 蔵の後継者として、京丹後市へ戻ってきたときに食べたコシヒカリの美味しさに感動した白杉 悟氏は、食用米から美味しい日本酒を造りたいという想いを抱いたといいます。

現在、白杉酒造では日本酒造り用の酒造好適米は一切使用せず、丹後で一番美味しいお米・丹後産コシヒカリを中心に、優しくて旨味のある味わいの日本酒を目指して酒造りをしています。

食べておいしい米から飲んでおいしい酒を

白木久

写真は、無農薬無化学肥料のコシヒカリを手がける中島さん。2007年、27歳だった白杉さんは、蔵元杜氏の職に就きました。地元の人口減少と高齢化の影響で、お酒の売り上げがじりじりと下がり続けるなか、地元産のコシヒカリで自分にしかできない酒造りをしようと決心しました。
白杉酒造の井戸の天然水は超軟水の口当たりが柔らかいもの。ミネラルが少ないため発酵がゆっくりになり、手間と時間をかけて仕込みを行います。

醸造には白麹や黒麹、リンゴ酸生成酵母などを用いており、爽やかな酸味の効いたフレッシュな味わいは、新時代の食中酒としての新たなスタイルを確立しつつあります。

進み続ける食用米への挑戦

銀シャリ

新生「白木久」がリリースする食用米のお酒は瞬く間に評判を呼び、2015年からは使用する米をすべて食用米にしました。
白杉さんは、コシヒカリだけでなく、地元産のササニシキで造った新銘柄「銀シャリ」にチャレンジしています。

「更なる食用米にチャレンジしたい!」という思いから、地元丹後の様々な食用米による新しい酒造りを進めています。

白杉酒造の蔵元動画

表示順 : 
表示件数:1~5 / 5


最新の入荷情報はメール配信、SNSでお知らせしております。


     



■お支払い方法
・クレジットカード決済
・代金引換 (手数料330円(税込))
・代金後払い(手数料330円(税込))
・店頭払い・店頭受け取り

■送料 全国一律1,200円(税込)  北海道と沖縄は2,000円(税込)
※ご注文手続き完了時に計上される配送料はシステム都合で1個口分のみとなります。
出荷が2個口以上になる場合、配送料を変更して出荷前にお知らせいたします。

※1,800mlの商品と720mlの商品を混載して1個口で出荷できます。
最大何本を1個口で出荷できるかは組み合わせによって異なります。

※日本酒をご注文の場合は、火入れの日本酒も含め、基本的にクール便(全国一律330円(税込))にてお手配させていただきます。

※クール便代は、個口単位で料金が発生します。

■商品の在庫確保について
店頭と同時販売しております。在庫管理には十分に気を付けておりますが、ご注文商品に完売が発生いたしました場合は、別途メールにてご連絡を差し上げます。

  • TEL:075-781-3049
  • 営業時間:9:00~夜19:30
  • 定休日:日曜・第二or第三水曜
  • 住所:京都市左京区北白川久保田町3
  • Copytight(C) にしむら酒店
  • 2022年12月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    2023年01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    • 定休日