CATEGORY天穏・無窮天穏(島根県/板倉酒造)

天穏 無窮天穏

出雲の御神酒 無窮天穏

天穏 無窮天穏

天穏(てんおん)の醸造元、板倉酒造は明治4年の創業。天穏という酒名は大正5年に日蓮宗本山要法寺管主坂本御前より仏典の無窮天穏という言葉から命名されました。 無窮天穏とは、天が穏やかであれば窮する(困る)ことは無い、世界とその未来が平和であることを願う言葉です。

日本酒は自然や神、ご先祖様からの授かりものであるお米に対して、豊穣と感謝の祈りを捧げるために造られるもので、「御神酒(おみき)」と呼ばれ日本人が自然や神に対して捧げる最上の御供物とされてきました。御神酒こそが天穏・無窮天穏の目指す姿であると考え、清らかで優しい穏やかな酒質を追求し、飲む人の心を穏やかにするような御神酒を造りたいという想いで日本酒を手がけています。

突き破精三日麹、無添加の生酛・山廃仕込み

天穏 無窮天穏

天穏では優しい味わいを造るため、伝統的な出雲杜氏の技法である「山陰吟醸造り」による酒造りをしています。 山陰吟醸造りとは精米した酒米の外側を酒粕に、米の内側の心白を酒にする本来の吟醸酒の製法で、精米歩合の数字以上の清らかな酒質を生み出します。
米こうじは「突き破精三日麹」と呼ばれ、通常二日で造られる米麹を三日以上かけて製麹することで麹の菌糸がしっかりと食い込み、清らかで滋味深く、深い余韻を生み出す麹を使用。
また、蔵の中の乳酸菌と蔵付き酵母を取り込むことで無添加の酒を造る伝統技法の生酛・山廃造りを続けています。 生酛は強靭な酵母を生み出し、山陰吟醸造りと掛け合わせることで清らかながらも生命力溢れるお酒が出来上がります。 こうして、天穏でしか生まれない独自の複雑で豊かな味わいを生み出しています。

表示順 : 
表示件数:1~17 / 17


最新の入荷情報はメール配信、SNSでお知らせしております。


     



■お支払い方法
・クレジットカード決済
・代金引換 (手数料330円(税込))
・代金後払い(手数料330円(税込))
・店頭払い・店頭受け取り

■送料 全国一律1,200円(税込)  北海道と沖縄は2,000円(税込)
※ご注文手続き完了時に計上される配送料はシステム都合で1個口分のみとなります。
出荷が2個口以上になる場合、配送料を変更して出荷前にお知らせいたします。

※1,800mlの商品と720mlの商品を混載して1個口で出荷できます。
最大何本を1個口で出荷できるかは組み合わせによって異なります。

※日本酒をご注文の場合は、火入れの日本酒も含め、基本的にクール便(全国一律330円(税込))にてお手配させていただきます。

※クール便代は、個口単位で料金が発生します。

■商品の在庫確保について
店頭と同時販売しております。在庫管理には十分に気を付けておりますが、ご注文商品に完売が発生いたしました場合は、別途メールにてご連絡を差し上げます。

  • TEL:075-781-3049
  • 営業時間:9:00~夜19:30
  • 定休日:日曜・第二or第三水曜
  • 住所:京都市左京区北白川久保田町3
  • Copytight(C) にしむら酒店
  • 2022年12月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    2023年01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    • 定休日