CATEGORY萩乃露(滋賀県/福井弥平商店)

萩乃露

味わうための日本酒造り

萩乃露(

江戸時代中期、寛延年間(1748~51)に創業以来、260年以上にわたり近江の地 高島町勝野で酒造りを続けている福井弥平商店。高島町勝野は前後に琵琶湖と比良山を擁する山紫水明の地で、「萩乃露」の名は創業当時の藩主から勝野が浜に群生する萩にちなんで命名を賜ったと伝えられています。

近江の良質な米、比良山系の伏流水(甘みのある柔らかな水)を使用し、「酔うための酒ではなく、味わうための酒を」を信条に、飲むほどに良さがわかる、まろやかで旨みがあり、しかも後味のすっきりした日本酒を造り出します。日本の四季の楽しみが変化に富んでいるのと同様、お酒の味わいや楽しみ方も多様で、豊かな深さと広がりがあります。お酒の豊かさを通じて、お客様にわくわくしたり、楽しんでいただきたいという想いが込められています。

萩乃露のお米へのこだわり

萩乃露(

「山田錦」、「滋賀渡船六号」、「山田穂」、「吟吹雪」、「日本晴」、「こしひかり」、「夢みらい」など多様なお米を使用。地元高島では化学合成農薬と化学肥料の使用量を通常の5割以下に削減し、環境への負荷を低減する環境こだわり農産物基準の「山田錦」や「吟吹雪」の契約栽培に取り組んでいます。 また、棚田保全を目指して展開する「萩乃露 純米吟醸 里山」では、滋賀県で唯一「日本の棚田百選」に選ばれている「畑の棚田」で栽培された「こしひかり」を使用しています。また農業の将来を切り開こうと挑戦する農機具販売会社への共感から生まれた「福を呼ぶ新酒」においては「夢みらい」を使用するなど、通常日本酒造りには使用しない飯米での酒造りへの挑戦もしています。

さらに戦後長らく栽培が途絶えていた「山田錦」の父方品種「滋賀渡船六号」の復活栽培とその後の取り組み、「山田錦」の優良産地兵庫県の中でも特に際立った高品質米を生むことで名高い特A地区東条産の「山田錦」や全国でも十数社しか使用できない希少品種「山田穂」での酒造りなど、農家への信頼と共感をベースにしたお米で酒造りに取り組んでいます。

福井弥平商店の蔵元動画

表示順 : 
表示件数:1~2 / 2


最新の入荷情報はメール配信、SNSでお知らせしております。


     



■お支払い方法
・クレジットカード決済
・代金引換 (手数料330円(税込))
・代金後払い(手数料330円(税込))
・店頭払い・店頭受け取り

■送料 全国一律1,200円(税込)  北海道と沖縄は2,000円(税込)
※ご注文手続き完了時に計上される配送料はシステム都合で1個口分のみとなります。
出荷が2個口以上になる場合、配送料を変更して出荷前にお知らせいたします。

※1,800mlの商品と720mlの商品を混載して1個口で出荷できます。
最大何本を1個口で出荷できるかは組み合わせによって異なります。

※日本酒をご注文の場合は、火入れの日本酒も含め、基本的にクール便(全国一律330円(税込))にてお手配させていただきます。

※クール便代は、個口単位で料金が発生します。

■商品の在庫確保について
店頭と同時販売しております。在庫管理には十分に気を付けておりますが、ご注文商品に完売が発生いたしました場合は、別途メールにてご連絡を差し上げます。

  • TEL:075-781-3049
  • 営業時間:9:00~夜19:30
  • 定休日:日曜・第二or第三水曜
  • 住所:京都市左京区北白川久保田町3
  • Copytight(C) にしむら酒店
  • 2022年12月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    2023年01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    • 定休日